サプリメントの比較と天然成分

サプリメントを比較する際の着眼点は幾つかありますが、大事な項目の1つとして、原材料が天然成分かどうかという点があるといいます。ハーブやフルーツなど、動植物から得られた成分が天然成分です。人工的に作られたものではなく、自然に存在するものの中に最初からあった成分を示しています。レモンやグレープフルーツから採取されたビタミンなどが天然成分となります。サプリメントの比較を行うならば、材料に合成物質と天然の物質がそれぞれどのくらい使われているか確認しましょう。成分比だけを純粋に見た場合、ビタミンやミネラルはいずれも天然か合成かに違いはないことになっています。サプリメントを摂取する時は、そのサプリメントが一定の効果を上げることを求めて使っているわけです。そのため、同一成分のサプリメントだとしても、吸収効率の良し悪しも問題になります。合成成分を主成分とするサプリメントは、天然の原材料を使ったサプリメントより有効成分の吸収が乏しいといいます。一般的に、合成成分を製造する時に用いる材料は、石油系の物質をベースに作り出すという場合がほとんどだといわれています。石油からサプリメントが製造されることは、意外に感じる方もいるでしょう。サプリメントに石油を用いた合成成分が使われていることは珍しくありません。ただし、合成成分の全てが石油系というわけではありません。サプリメント選びに満足できるようにするには、口コミやサプリメントの比較サイトなどから情報を集め、自分に合うサプリメントは何かを見つけてください。(ref: 804407043-59)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です