皮膚科でフォトフェイシャルができない人

皮膚科でフォトフェイシャルすることができない人がいるようです。気になるシミが顔にできた場合、かなり前から皮膚科などで行うレーザーで薄くする方法はありましたが、アプローチ方法が多少ちフォトフェイシャルは異なるようです。強い赤みが治療後に残ったり、色素沈着が起こる場合もあるのが、レーザー治療のデメリットです。専門医である皮膚科の医師などによって行われたフォトフェイシャルに危険はありません。シミやシワを顔に痕が残る心配もほとんどなく薄くしたり、ニキビ痕が気にある場合も解消できるでしょう。これにより解決できるのがさまざまな肌の悩みなのです。ふつうフォトフェイシャルは、よくレーザー治療であるように、かさぶたができたり、赤く腫れる事はまず無いといえます。比較的少ないものとなっているのが、施術による皮膚のトラブルです。わずかな内出血が強く反応した毛細血管から出ることや、ま強く反応したシミが黒ずんだりすることがごくたまにあります。もちろんそういった際にも皮膚科などで行っていれば適切に対応し、数日で消失するので心配は不要です。事前に専門医によるカウンセリングをしっかりと受けておく事を、フォトフェイシャルを受けるに当たって気になる事がある場合はしたほうが良いでしょう。フォトフェイシャルを受けることができないのは、妊娠中の人や1ヶ月以前に激しい日焼けをした人だそうです。皮膚科の専門医に判断してもらうようにしたほうが良いのは、肌の状態が良く無い場合です。ケロイドになりやすい人や糖尿病の人も、皮膚科などでフォトフェイシャルを受ける前によく相談したほうが安心かもしれません。(ref: 804407043-46)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です