目の下のたるみと脱脂術

脱脂術とは、目の下のたるみを取り除く有効な方法とされています。脱脂術という方法は目の下の脂肪がぷくっと膨らんでたるんでしまったという重度のたるみの場合に行われる施術です。脂肪を取り除く方法としては、目の下から切り込みを入れる方法と、まぶたの内側を切る方法との2つがあります。ヒアルロン酸が豊富な肌は、もちもち感があり、押せば戻る弾力があるとされています。下睫の下2~3ミリのところを切るので、傷もほとんど見えないのが特徴です。脱脂術はきれいにたるみを取る事ができます。瞼の内側に穴を開ける脱脂術は、目の下側に穴を開けるだけです。目の下よりもまぶたの内側に穴を開ける方が、施術の難しさは軽減されます。脱脂術をしてすぐに人と会う用事があるという人でも、手術後にメイクや洗顔ができるのは嬉しいことです。他の人にほとんど知られずにすることができるメリットがあります。切除することによって脱脂術を行う場合、目の下は脂肪以外の細胞も取り除くことになります。もしもたるみが目の下の広範囲にわたっているのであれば、切除した方がたるみ対策としては手早いようです。目の下のたるみはそれ自体に目がいってしまうことが多いですが、顔全体のたるみがどのような状態になっているかで判断をすることも大事です。(ref: 804407043-34)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です