男性の脱毛症

      男性の脱毛症 へのコメントはまだありません

脱毛症を気に病んでいる10代20代の男性は案外多いようです。男性は女性に比べて体毛が多く、年をとるほど髪の毛が薄くなりやすいものです。男性ホルモンの関係なので、ある意味自然現象です。また、年齢を重ねると髪の量が少なくなることはごく自然のことで、遺伝や体の状態をそうそう変えられはしません。また、若くして脱毛症になったという方も増えているようです。心の状態でも影響が大きい円形脱毛症は、一部の髪が抜けて地肌が露出するものです。早期に医者に診てもらうことによって、症状が良くなることもあります。加齢とともに前髪が減っていったり、頭頂部を中心に毛が薄くなっていくのは、病気ではありません。頭頂を中心に体全ての毛が段々となくなっていく状態を、病院では老人性脱毛症だといいます。服用している薬品の副作用で脱毛症になることもあります。抗ガン剤などは、薬の使用を中止すると頭髪も生えます。脱毛症が年若い頃から出ると、周囲の目を気にしたり髪の抜けた部分のカムフラージュを考えたりと気になりがちです。脱毛症になって頭髪は見苦しいものであるという印象を、特にアジアの人は欧米に比べて強く抱いているそうで、そのことも問題を深刻にしています。社会的な価値観などの影響も受け、日本では脱毛症に関する商品の販売やサービスも盛んに行われています。(ref: 804407043-26)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です