メタボ改善の運動で体重を減らす方法

メタボ解消のため食事を見直す人は多いですが、それだけでは体重減少には至らないようです。適度な運動を習慣づけることを、食事と並行して行ってメタボを解消しましょう。運動をすることで脂肪の代謝が促進され、筋肉量が増えます。人の体には、基礎代謝という何もしない時も消費するエネルギーがあります。筋肉を増やすと基礎代謝がアップし、脂肪が燃えやすくなります。実際には、メタボ改善にはどんな運動が適しているのでしょうか。体重を減らす為に効果的なのは、ジョギング、水泳、エアロビクスなどの体全体を動かすような運動だといわれています。ただし、ほとんど体を使った活動をしていないという人がきつい運動をしても長く続きませんので、ウォーキングのような軽い運動から着手するといいかもしれません。より効果を高めるには、手足の動かし方や歩く距離なども注意をして、全身を使ったウォーキングをすることでエネルギー消費を促進することです。目安としては、当初はウォーキング時間を30分に設定し、徐々に60分から90分へとシフトして長時間のウォーキングをします。すぐに体重が減るような運動ではないので、そのつもりで、最低でも1カ月はウォーキングを続けるといいでしょう。天候が悪いなどの理由で屋外のウォーキングができない日はストレッチ運動やダンベル体操をすることで基礎体力の向上に努めることで、効果が一層高まります。運動を続けることは大変かもしれませんが、メタボ対策のために体重を落とすことで、理想の体型になることも可能です。(ref: 804407043-21)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です