体重とメタボの関係について

メタボかどうかの判断は体重に関係します。体重というのはスタイルの良し悪しを決めるだけではなく、メタボや肥満などの判定基準になるのでとても大切です。メタボの正式名称はメタボリック症候群です。肥満体型の中でも特に内臓に脂肪が多く、健康に問題が起きやすい状態です。メタボが問題視されるのは、メタボ自体は病気ではないものの、糖尿病や高血圧症など重大な疾患が起きやすくなるためです。最終的には動脈硬化を起こし、結果として癌や脳卒中を起こす要因になります。メタボを診断するには、まず腹回りと体重を計測します。体重と腹回りが基準値を超えていた場合、血圧や血糖値、血中脂質や中性脂肪の値を検査し、基準値と比較します。2つ以上がメタボを示す数値を超えているなら、その人はメタボリック症候群です。また、メタボリック症候群にはまだなっておらずとも、メタボ予備軍に該当する方もいます。メタボリック症候群だと診断された場合、生活習慣病が深刻な状態になる前に食事や運動などで体質を変えていく試みが求められます。メタボ改善の第一歩としては、体重を落とす事です。体重を落とすといっても、簡単な食事制限だけではメタボで一番重要な内臓脂肪が落ちませんので、食事制限と運動を生活に取り入れる事から始めてみることをおすすめします。(ref: 804407043-19)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です