ダイエットの停滞期を乗り越える方法

停滞期になった時、ダイエット成功のためにはどうするべきでしょう。体重の5%を超えた減量を1カ月以内で行わないことが、停滞期の回避策になります。体に負担のかからない自分の体重の5%以上を1ヶ月で減らすと体の防御装置が働きます。停滞期の長さは、急激な体重減少によって続きやすくなります。1カ月で急激な体重減という事態が生じなければ、停滞期になってもごく短い間しか続かないということになります。体の機能は、栄養が足りないことがきっかけとなりえます。不足しがちなビタミンやミネラルを含む食材も、メニューに積極的に用いるようにします。ダイエット中は、カロリーなども気にしなくてはいけません。ダイエット中に停滞期に入った時は、体重が減らないからとダイエット内容をエスカレートさせたりせず、サプリメントを活用するのもいい方法です。また、停滞期に入ると精神的にも良くない影響が現れ、ストレスが溜まりがちです。イライラはストレスになりますし、ストレスが溜まりすぎるとダイエットを断念せざるを得ない状況になってしまいます。停滞期を突破しダイエットを続けるためには、停滞期中に多少体重が増えても気に病まず、これまで通りのダイエットを続行することです。(ref: 804407043-9)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です