ダイエットと停滞期について

ダイエットが大変なのは、停滞期があるためだといいます。食欲を抑え込み、空腹をこらえているにもかかわらず体重に変化がないという状態がダイエットの停滞期です。食べ過ぎもやめて甘味や酒を控えても体重の減りが弱くなるのはどうしてでしょう。理由はいくつか挙げることができますが、ローカロリーの食事に体が順応してしまったり、食事量の減らし方が適切なものではなかったこともります。ダイエットがうまくいかない時は、やり方に問題がないか確認してください。けれども、思い通りにダイエットが続いている人ほど停滞期になるとされています。適切な食事制限をし、適度な運動によってダイエットをしているのに、体重の減りが鈍くなることを停滞期といいます。ダイエットの停滞期は、ダイエットを始めて2週間から1ヶ月ぐらいで起こることが多いと言われています。せっかく少しずつでも痩せてきたのに、体重がそこでストップするわけです。ひょっとして違うダイエットのやり方をすべきかという発想に行き着く方もいるようです。停滞期に入ってしまったことで、それ以上ダイエットが続けられなくなる方もいるようです。停滞期について事前知識を有しておくことが、対処法になります。ダイエットを達成するには、ほぼ確実に訪れる停滞期間の対処法を、事前にイメージしていくことです。(ref: 804407043-7)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です