ダイエットにリバウンドはつきもの?

ダイエットといえば、リバウンドの可能性があるものです。停滞期のダイエット中断がリバウンドの原因といいますが、停滞期とはなぜ起きるのでしょう。人の体は、生き延びるための様々な機能が生まれつきついています。生物の体は、生命の危機にさらされた時、生命を維持するためを示す事があります。リバウンドや停滞期については、ダイエットという異常事態から体を守るために起きます。遭難やトラブルで食糧補給が途絶えた場合でも、わずかな食糧や水で生命をつないだという人の話を聞くことがあります。一時的な絶食や栄養不足でも体を保てるような機能は、多かれ少なかれ誰にでもあります。絶食や栄養不足は、ダイエット中にあてはまることもあります。ダイエット中は、摂取される栄養量が変わります。そうすると、体はあまりエネルギーを使わずに生命活動を営もうとするわけです。エネルギー消費を減らすばかりか、食事などから摂取したエネルギーはできるだけ余さず蓄積しようとします。体内のカロリーをできるだけ減らさず、入ってくるカロリーはできるだけ貯め込みたいという時にダイエットを中断すると、リバウンドは確実です。結果としてリバウンドが起こる原因となります。ダイエット時における停滞期やリバウンドは生命の安全を守る為の身体に備わった正常な仕組みなのです。停滞期が続いたり、リバウンドが起きたりすること自体は、体が正常な反応を示していることを現していますので、それらを踏まえてダイエット内容を考えましょう。(ref: 804407043-5)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です