新卒の採用が少ない理由

新卒者の採用数は、ここ数年とにかく就職することが難しく減る一方です。景気の低迷が就職率の低下の原因だとされていますが、景気の他にも原因と見なされることは幾つかあります。近年では、終身雇用が減少し、派遣などの働き方も一般化しつつあります。雇用形態が、近年大幅に変化した事も新卒者の採用が減った理由の一つにあげられます。これまでは、製造業の現場などでも、新卒者を正社員として雇用する企業が多数ありました。正社員を雇う代わりに、より低賃金の派遣雇用で働いてもらうことで製造コストを下げる企業が増加したことが、正社員を減らしています。仕事自体を人件費の安い海外へ委託する企業が増えたことも新卒者の採用数を少なくしている原因となっています。現代の会社は、利潤を得るために余分なコストがかかる部分は片端からカットしています。新卒者は即戦力になりませんから、時間をかけて育てて儲けを出してくれるだけの人材になってもらう必要があります。新卒者の採用を控える理由になっていると考えられます。パソコンやFAXなど、新しく導入される数々の機械により、人の手を必要としない仕事が増えたことも関わっています。団塊の世代が続々と退職しているにも関わらず、実際は新卒者の採用数は少ないまま、企業はどんどん仕事の効率化を図っているというのが現状のようです。(ref: 704134069-98)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です