新卒の採用について

新卒の採用についてです。日本の経済は、リーマンショックなど世界規模の不景気の余波をまともにくらっているようです。新卒者の就職活動は未だに厳しさを増しており、以前の就職氷河期に匹敵するほどの状況のようです。4年生大学を来春卒業するという人であっても、就職したい職種の企業から内定がもらえないことも珍しくありません。バブル期からすれば考えられないことです。就職先が決まらないのは新卒者だけでなく、むしろ短大や高校の卒業生は一層深刻です。一度辞めると、転職先を探すことも大変です。派遣やパート、アルバイトで必要な人材を補っている会社は多く、正社員の雇用を控えて会社が支払う人件費を安く抑えているところは珍しくないようです。同期と比べて頭ひとつ飛び出るくらいに頑張らなければ、新卒者が希望の業種につくことは困難だといいます。社会的な不景気が原因で、努力がより良い結末を呼ぶとは限らないのが実際のところです。やはり今の時代は有名大学を卒業するような新卒者ですら、置かれている状況は厳しいのです。新卒で採用先を決めるには、就職活動は本腰を入れて臨むこと、現実と希望がミスマッチを起こしていないかよく考えることです。納得がいくまで、色々な方面から考えてみるといいでしょう。どうしてもなりたい仕事があるという場合は、新卒採用年度までにクリアしていなければならない条件は何かを考えて自分を磨いていきましょう。(ref: 704134069-97)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です