キャリアプランと転職を考える

納得のいく転職活動をするためには、自身のキャリアプランについて考えることが重要です。キャリアプランとは、仕事を通じて自分はどのような技術やスキルを身につけ、どのような有り様を目指すのかです。希望の職種に絞って転職活動を続けていても、実績が少なかったり、資格やスキルが足りないと判断されて書類選考の時点で断られてしまうことも珍しくありません。経験の少なさで採用が見送られた場合、他の会社に応募しても同じ結果になる可能性は高いものです。実績不足を補うため、あるいは技術力を獲得するために次の転職先を決めるという考え方もあります。最終的な姿として設定した目標は、即座にどうこうというものではありません。現時点で不足しているところを次の仕事でリカバリーしつつ、いつかは目標を達成すればいいのです。何十年も1つの会社で勤め続ける人は、昔ほどは多くはありません。転職をする時は、先々のことも見越した上で今すべきことを順々にこなしていくことです。生活レベルの向上や、自分を高めるために転職をするということへのネガティブな見方は薄れつつあります。個人にとってだけではなく、会社にとって都合の良い事なのでしょう。技術力のある人材や、会社に新しい風を吹き込んでくる人を募集することによって、会社の一層の成長が見込めることもあります。最近では転職を考える事というのは、ポジティブな事といえるのではないでしょうか。(ref: 704134069-95)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です