サプリメントの副作用と弊害

副作用の弊害は、サプリメントは薬ではないため、少ないと多くの人が思っているのではないでしょうか。ふつう副作用とは、人体への薬を使った時に本来の目的以外に起きる別な作用のことをいいます。薬ではないのがサプリメントというものなので、副作用は言葉の上ではないことになります。実際にはサプリメントの弊害が全くないとは言えないようです。サプリメント大国であるアメリカでは、サプリメント摂取で吐き気や下痢、頭の痛みなどの弊害が発生したという報告もあります。死者が出たという例も深刻なものではあるほどだそうです。皮膚に弊害がクロレラのサプリメントを摂取したことで起きたというものが、日本でも報告が上がっています。サプリメントの分類は補助食品ですが、だからといって副作用を軽視することはできません。過剰摂取を無警戒にすることは避けたほうが良いでしょう。トラブルがサプリメントによって起きやすいのは、化学物質による過敏症やアレルギーがある人たちです。ハーブ類は状況に応じて摂取するのが本来の方法なので、ただ漫然と取り入れていればいいというものではありません。弊害を避けるためにも、特に医師からの薬を服用されていたり、妊娠中や授乳中の人はサプリメントの扱いには慎重になったほうが良いでしょう。(ref: 704134069-66)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です