中古車をローンで買う場合の借入先は銀行がおすすめ

自動車ローンは新車だけでなく、中古車に対しても組むことができます。住宅ローンや教育ローンなど、金融会社が取り扱うローンは色々なものがありますが、もし中古車を購入するつもりなら自動車ローンが適しています。審査に通りにくいことが欠点ですが、中古車を買うために銀行のカーローンを利用できるなら、それに越したことはありません。中古車に限らず、銀行のローンは申し込み手続きがややこしく、審査の結果が出るまで何日か待たなければならず、あげく断られることもあります。銀行のローンは条件はいいですが、手数をかけて申し込みをしても、結局借りられないこともあります。中古車は基本的に新車より価格が安いわけですから、銀行の自動車ローンで全て支払えるケースが多いため、できるだけ銀行のオートローンを利用したいものです。それでも審査で断られる可能性もありますが、銀行で断られたら信販会社や消費者金融会社に申し込むという方法もあります。中古車を購入する時に、購入店があっせんするローン会社でローンを組めば、手続きは代行してもらえますし融資も受けやすくなります。せっかく中古車を買うのに、ディーラーで買うと金額が高めになりますので、安く入手するという利点がなくなります。ディーラーで中古車を買ってローン払いするなら、新車を買うのと大差ないという人もいるようです。中古車を買うためのローンを組む時には、現時点で使用している車を売って、次の車を買う資金にする方法もあります。できるだけ高く買い取ってくれる買取り業者を見つけるのも、中古車購入時には考えておきたいポイントです。(ref: 5310377707-83)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です