無職でもキャッシングでお金を借りることは可能なのか

無職の状態で金融会社から融資を受けたいと思っても、キャッシングはできないものでしょうか。現金を借りたいと、金融会社のキャッシングの手続きをしても、無職であることを理由に融資を受けられないことがあります。金融会社がお金を貸す時には、日本国内でつくられた法律を遵守しなければ違法行為になります。総量規制という決まりが貸金情報では定められており、年収の1/3以上の融資をしてはいけないということになっています。キャッシング会社は、審査によって申込み者の職業や年収を確認しますので、無職では融資をすることができません。金融会社は、返済能力の有無を見極める時に収入が安定しているかどうかを確認します。無職では収入が得られませんので、お金を貸しても返済のあてがない顧客と判断され、融資不能という結果になります。貸したお金を返すあてがある人に金融会社はお金を貸したいと思っていますので、無職では除外されます。貸したお金が返ってこなければ、金融会社としても大損になるだけですので、無職で返済能力が低そうな人には貸したいと思いません。ただし、無職でも専業主婦のように配偶者の収入があれば、条件つきでキャッシングを利用できることがあります。専業主婦の場合は、配偶者貸付制度を利用することで、自分と配偶者の年収を合算し、その1/3を上限に融資を受けることが可能になります。キャッシングについて調べたり、金融会社に問い合わせることで、無職でも金融会社からお金の借り入れができる場合があるといいます。(ref: 5310377707-71)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です