サプリメントの天然成分と合成成分の比較について

原材料が天然成分か、化学的に合成された成分かは、サプリメントを比較する時に重要です。合成成分より、天然成分のほうが吸収率が高かったり、安心して使えるという印象がありますが、比較するとどこに違いが存在しているのでしょう。植物や果実だけでなく、肉や魚など、天然自然の産物から抽出するものが天然成分です。もともと自然界に存在しているものを天然成分といい、人間が作り出した合成成分とは区別して扱われます。普段、私たちが食事から摂っている食品に近い成分を使用しているので、体への吸収率が良いのが特徴です。サプリメントで摂取しても、比較的人間の体になじみやすいため、吸収もされやすくあります。天然成分なら、毎日食べている食べ物の一種といえますので、サプリメントを使うことに抵抗感もありません。天然の植物や動物からつくるサプリメントは、原材料を収穫し、選別し、加工して、品質を整えることがなかなか大変です。加熱や加圧によって本来の効果が発揮されにくくなったり、安定供給が難しいサプリメントもあります。天然素材のサプリメントの価格が高くなる背景には、原材料を調達することが難しい場合があることと関わっています。さらに、サプリメントとして形が不ぞろいであったり、サイズが大きかったり、香りが強い、味に癖があるなどの飲みにくさがあったりします。天然成分のサプリメントと合成成分のものと比較すると、それぞれメリットとデメリットがあるので、しっかり比較した上で購入するようにしましょう。(ref: 5310377707-67)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です