美容外科クリニックで受けられるプチ豊胸の施術とは

バストをなんとか大きくしたいという場合、まず考えられるのは美容整形でしょう。二重まぶたの手術の次に、豊胸手術は人気があります。美容クリニックの多くが豊胸手術を手がけています。かつては、豊胸手術といえば、脇の下などわかりにくい場所の皮膚を切り、そこから豊胸バックを入れて胸を大きくしていました。メスを使うことで身体に負担が大きく、痛みも伴いますし、手術が終わった後の腫れなどが引くまでに時間がかかることがネックでした。ですが最近では、もっと簡単な方法で施術ができるプチ豊胸が話題になっています。最近は、豊胸のために皮下にヒアルロン酸を入れる方法が注目されています。体内に吸収されにくいヒアルロン酸であり、違和感の少ない豊胸効果が期待できます。プチ豊胸なら体に切開を加えないので痛みもほとんどありませんしダウンタイムもゼロに近いです。予定が詰まっていて、手術のために使う時間があまりなくても、プチ豊胸なら合間をぬって受けることが可能です。ヒアルロン酸を注入するというシンプルな方法であるプチ豊胸は、効果が永久には続かないということが弱点として挙げられます。長期持続型のヒアルロン酸を利用すれば、豊胸効果は2年くらいは続きます。しかし、永久に続くものではないので、その場合はもう一度プチ豊胸をすることになります。この施術は、やはり熟練した腕が必要になりますし、バスト作りに欠かせない美的なセンスも必要になります。納得のいく施術をしてもらうためにも、カウンセリングを受けてみたり、ネットで情報収集をして、いい美容外科を見つけたいものです。(ref: 5310377707-43)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です