脂肪細胞を減らして太りやすい体質を改善する方法

人体には、褐色脂肪細胞と、白色脂肪細胞という2種類の脂肪細胞があります。人体で消費するエネルギーを蓄えているものが、白色脂肪細胞に相当します。これに対して、褐色脂肪細胞は脂肪を燃やしてエネルギーにする機能そのものを担う細胞組織です。脂肪細胞は太りやすい体質かどうかに関わってきますが、説明するまでもなくタチが悪いのが白色脂肪細胞です。というのは、この脂肪細胞は体の中で一度増殖してしまうとダイエットをしても減らすことは無理なのです。脂肪細胞は、若いうちに急激に太ると数が多くなることが知られています。少なくすることはできませんが、多くすることはできるので、結果的にどんどん脂肪細胞の個数が増えます。ダイエットなどで体重を減らし、体脂肪を少なくすると、脂肪細胞が小さくなります。数は変わりませんが、脂肪を減らすことはできるのです。日々の食事に配慮しつつ、運動を習慣づけてカロリー燃焼を活発にすることで、脂肪細胞のサイズダウンをはかることができます。そして脂肪細胞が常に小さい状態に維持していれば、すぐに太ってしまう心配はありません。運動と食事を日頃から気をつけて、脂肪細胞を小さいままに維持することで、太りにくい体質へと変えていくことが可能です。体質的に体重が増加しやすくても、脂肪細胞が大きくならないように、適度な運動と、健康維持に必要な量の食事、そして健康的な生活を目指しましょう。(ref: 5310377707-37)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です