脂肪細胞の数と太りやすい体質との関係について

脂肪細胞が体の中にたくさんある人ほど、体重が増加しやすいと言われています。脂肪細胞の数には個人差があります、ティーンエイジャーの頃に太っていると多いようです。10代のころに太り気味体型だった人は、成人してからも脂肪細胞の数が多いままであり、そのため体重が増加しやすくなっています。脂肪細胞がたくさんあると脂肪が蓄積されやすく、体重の増加が明確に現れます。成長期が終わってから脂肪細胞の数を変えることはできませんので、一生のその体とつき合っていくしかないということになります。ですから、生涯を通じて太りやすい体質として生きていくしか方法はありません。一旦できてしまった脂肪細胞を取り除くことは、物理的な方法でもなければ不可能です。少しの食べ過ぎがすぐに体重増加に反映されたり、ダイエットが一時的にうまくいったのにリバウンドで元通りになってしまったりという人は、脂肪細胞が人より多いかもしれません。これ以上太らないような取り組みが、周囲の人よりもずっと気合いを入れてする必要があると、自覚を持って取り組みましょう。体の中にある脂肪細胞が多ければ、カロリーオーバーな食事をするとすぐに体重が増えて肥満気味になります。体重が無闇に増えないように、カロリーの摂取量と消費量をしっかり管理するようにしましょう。ですから、普段から規則正しい生活をして、常に摂取カロリーを管理することが重要です。(ref: 5310377707-35)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です