ダイエットの目安に体重管理の体重計をフル活用

太ってしまったと反省するとき、ほとんどの人ができていないのが食生活などの自己管理です。毎日どの程度の運動をしているか、食事内容は偏っていないか、チェックできている人はわずかです。いちいち確認しておかずとも、問題がないかは知っておくことが、自己管理の基本といえます。食べたいという気持ちを優先させて、食欲に任せて食べ続けていれば、必然的に肥満の一途をたどるでしょう。生活習慣のチェックは、自分自身から目をそらすことができないので、気持ちの上できついこともあります。体重が増えたという揺るがない現実を突きつけられてしまっては、対策を立てないわけにはいきません。それよりも、もしかして太ってきたと思った時でも、恐くて体重計に乗ることを避ける人も少なくないようです。まずは体重計で自分の体重をはかり、問題がないかを把握することが肝心です。頭の中に常に体重のことを入れておくと逆にストレスにはなりますが、自分が維持すべき体重を知り、現在との差を認識することが重要です。現在何キロで、望ましい体重が何キロかという認識ができていれば、食事や運動をする時のモチベーションも、特に何もなくてもわいてきます。何をすると自分の体重が増えるかを認識した上で、日々の生活で改める部分を知ることが大事になります。体重が多すぎるか、少なすぎるかをきちんと知ることが、セルフコントロールの方針決定には必要です。(ref: 5310377707-13)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です