女性は年齢と共に体型に変化が出てくるもの

女性ホルモンの作用で、成人期の女性は体重が増えやすくなっています。とはいえ、代謝を促進することでダイエットがしやすい年代でもあることから、運動量を増やせば痩せやすいといいます。基礎代謝は、年を重ねることで少しずつ減っていきます。代謝の低い体になるとダイエットの効率も悪くなりますので、気をつけましょう。若いころのような引き締まった体型は、保ちにくくなります。40代以降の女性は下半身を中心に肉づきがよくなり、引き締まった部分が減っていきます。女性は男性よりも脂肪を蓄積しやすい体であるためです。ウエストまわりのくびれがへって、脚が太くなり、バストラインが崩れるといった体型の変化が年と共に現れ、若いころの体型とはかけ離れていきます。若いうちは、多少太ってしまってもダイエットを頑張れば何とかなったかもしれませんが、年をとって代謝が下がってからでは、ダイエットで体型補正を行うことは困難です。中年期以降にダイエットをする場合は、若いころに成功したダイエットよりも、もっと大変なダイエット方法をすることになります。筋肉を増やし、代謝を上げるためにも、筋肉トレーニングをダイエットメニューに組み込みます。家の中でできる筋トレもありますので、自分に合う方法を見つけて、無理なく実践していきましょう。タンパク質を食べて運動をすると筋肉が効率よく増やせます。体型を改善するためには、まず筋肉を増やして代謝の高い体をつくり、脂肪の燃焼を活発にして余分な脂肪をエネルギーにして使うことです。積極的に体を動かして筋肉をつけ、脂肪を燃やして身体を引き締めることが体型改造のポイントです。(ref: 5310377707-5)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です