肥満を予防するために必要なこととは

脳の満腹中枢が動きやすいように、少ない食事を時間をかけて食べるという肥満予防法が知られています。今日からでも着手が可能な肥満の予防法として、食事時間を長めに設定して、急がずにゆっくりよく噛んで食べるという方法があります。よく噛んで食べることを常日頃から目指して、食事の時間が長くなるようにします。手軽にできて、技術やテクニックを必要としないという利点があり、肥満予防に有効です。前提として、食事の時間は延ばしても、食事の量は多くせず、噛んで食べるほうの時間を長くすることです。食事にかける時間は長くしつつ、食べる量が多くならないようにすることが、ポイントになります。食事を摂ってから、ある程度時間がたたなければ、脳の満腹中枢は信号を発しません。脳の満腹中枢が満腹感を感じるのは、胃に入ったものの重さや容積ではなく、食べ始めからの時間経過や、噛んで食べた時の刺激です。食べている量があまり多くなくても、食事をスタートしてから20分ぐらいたてば、徐々に満腹感が得られます。食事の分量に関係なく、20分ほどが経過するとだんだんと満腹を感じられるようになっていて、それ以降は食欲が下がります。ついカロリーオーバーの食事を摂ってしまって体重増加が気になるという人は肥満予防がお勧めです。何らかの方法で肥満対策をしたいという人は、食事を通じて予防に取り組んでみましょう。(ref: 5310377707-1)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です