超低金利時代におけるローンの借り換え

低金利の今、資産を運用する時に注意すべきことは、どんなことでしょう。賢い資産運用とは、まず自分自身がどのようなローンを利用しているのかチェックをしてみることが大切です。多くの人は、ローンを借りるまでは情報を集めたり、よりよいローンを探したりしますが、一度決めると後は放置というケースになりがちです。国内の金利は、低いことには変わりないですが、定期的に金利は推移していっているものです。ローンを借りたら、以後はずっとそのままで返済を続けているという人もいますが、それではせっかくの好機を逃すこともあります。場合によっては、ローンを組んだころの金利と比較しても、今のほうがより低金利になっているということがあります。思い切ってローンの借りかえをして、もっと低金利のローンにしたほうが、トータルの返済総額を抑えられる可能性があります。資産運用と言えば、どの株や信託に投資をすればよいのかということに目を奪われがちですが、いま借りているローンも大変重要です。借りたローンの返済残高が残っているという場合は、今より低金利のローンを探して借りかえをすることで、完済に必要なお金を減額できることもあります。始めからローンを組むときに変動金利を選択しているので、金利の見直しがされても、ローンの金利も下がっているだろうと思っている人もいます。それでも、より低金利の変動金利制ローンが登場していて、ローンの借りかえをしたほうが、返済が楽になるということもありえます。景気がなかなか上向かず、低金利が続く日本経済では、資産運用が思うようにいかないこともあります。せめてローンの再検討はしておきたいものです。(ref: 2177560394-87)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です