にきび痕を皮膚科で治療する方法

皮膚ににきびができた時に、放置している人も少なくないですが、対処方法の一つとして、皮膚科で診てもらうことも可能です。にきびくらいで病院には行きにくいと感じる人もいますが、にきびが化膿すると皮膚にダメージを与えてしまいます。若いころのにきびと、成人的からのにきびは、仕組みが違います。若いうちは、皮脂の分泌が活発なために、にきびができやすい肌質になっていますが、成長にすれば解消されます。にきび痕についても、若い肌は再生能力が高いので、故意に潰してしまわない限りは、多くの場合において自然とキレイな肌に戻ります。反対に、大人にきびはストレスや食事の乱れによって起きますが、若いころほどの快復力がないため、にきび痕になりやすいというデメリットがあります。ある程度年をとってからにきびができると、回復に手間取り、にきび痕になりやすくなります。そのため、にきび治療には、レーザーを使うという選択肢もあります。レーザーでしみやほくろを除去するという方法がありますが、にきび痕にも適用可能です。除去したいにきび痕にレーザーをあててかさぶたをつくり、新しい皮膚細胞かできるように促すという美容施術です。にきび痕がたくさんある場合には一度のレーザー治療では終わらない事もあり、費用も余分に掛かるので事前に相談するようにしましょう。アフターケアの内容や、にきび痕治療の具体的な方法、保健が適用されるかどうかは、あらかじめカウンセリングで話を聞いておくことが大事です。(ref: 2177560394-43)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です