にきびの痕の治療はレーザーが効果的

にきびが顔にできるととても気になるものですが、場合によっては痕が残るので気をつけなければなりません。にきびができた時に、下手に刺激しすぎてにきびを赤く腫れさせてしまった場合などは、にきび痕になって皮膚を損傷することがあります。にきびを刺激しすぎると、皮膚の真皮層まで影響がゆきわたってしまって、にきびの規模が大きくなります。お肌にできたにきびの症状が、皮膚の深い部分にまで影響を及ぼすと、皮膚がクレーター状にへこんでしまうことがあります。不用意ににきびに触れたり、指先でつついたりしていると、にきびが悪影響を受けて症状がひどくなったり、腫れたり、破れたりということが起きます。一旦、にきにの痕ができてしまうと、肌を元の状態に戻すのは非常に困難で長い時間がかかります。毎日のスキンケアで、ビタミンC誘導体などの有効成分が配合された化粧品を使ってお手入れを行う必要がありますが、たいへんな根気がいります。皮膚科の専門医に判定をしてもらって、にきび痕の改善にはどんなことがいいかなど、対処法について話を聞くのもいいやり方です。皮膚科のにきび治療では、個々人の肌質や、にきびの症状を診断した上で、その時々に最もあったにきび治療を受けることができることがいいところです。病院では、にきびの中にある体液や膿を取り出したり、皮膚細胞が新しくできて、にきびの治りを早めるような外用薬を用いるなどの方法で、症状に合わせたにきびの治療をしています。お肌がでこぼこしているとどうしてもクレーターが目立つため、炭酸ガスレーザーでクレーターの角を除去してしまうという治療も受けることができます。にきびの痕は、自宅のケアだけで消すことは難しいので、根気よくクリニックに通い続けることも1つの方法です。(ref: 2177560394-42)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です