ヒアルロン酸注入によって起こり得る副作用

ヒアルロン酸の注入は、皮膚のたるみをなくしたい、低い鼻を高くしたいという人に高い人気があります。自力でのスキンケアではうまくいかないけれど、皮膚にメスを入れたくはないと考えている人におすすめです。ヒアルロン酸の注入施術をうけたいけれど、副作用が起きるかもしれないことが怖いという人もいます。ヒアルロン酸注入で起こり得る副作用にはどんなものがあるのでしょうか。ヒアルロン酸はもともと体内にある物質なので、人体に悪影響を及ぼすことはほとんどありません。起こり得る副作用としては、ヒアルロン酸を注入した箇所の内出血や腫れが考えられます。皮膚に針を刺し、ヒアルロン酸を注入するわけですから、内出血や腫れはある程度は発生しますが、1週間くらいで回復します。皮膚にヒアルロン酸を注入すると、その場所だけ盛り上がって、皮膚の自然なふっくら感が出せないということもあります。マッサージケアをして、ヒアルロン酸の出っぱった部分をへこませたり、溶解液を注射するといった手法があります。体に害はないですが、注入を繰り返すことでしこりができやすくなるので、短い期間で繰り返して行うのは控える必要があります。血管が圧迫されることで血流障害が起こる可能性があります。安全性の高い治療方法ですが、まれに副作用が起こる可能性がありますので治療を受ける際は、どのようなリスクがあるのかを確認した上で受けることが大切です。(ref: 2177560394-37)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です