体重が増える食事と増えない食事

体重が増える食事をしている人は早めの見直しをすることが必要です。食べる量が多い人は太りやすいと言えますが、食事量だけでなく食事の栄養バランスが悪い人も体重が増えやすい傾向にあります。カロリー摂取量も体重とは深く関わっていますが、体重を調節するためには、自分が食べている食事の内容も気を配る必要があります。生きていく上で、欠かせない栄養素といえば、炭水化物、脂質、たんぱく質の3種類です。炭水化物と脂質は体を動かすための栄養素となり、カロリーがあるからこそエネルギー源として働きます。使い切れないほどの炭水化物や脂質を摂取していると、余ったカロリーは体脂肪になって、体重増加の一因になります。摂取するカロリーがその日の体の動かすための消費カロリーと同じならば体重の増減がありません。摂取カロリーが消費カロリーよりも多くて、カロリーが余るとそれが体脂肪となり、結果として体重が増える原因となります。たんぱく質は、筋肉など、身体をつくるための材料となる成分です。筋肉が多いと基礎代謝が上がりますので、たんぱく質の摂取は大事です。全身にバランスよく筋肉がつけば、基礎代謝の高い体になって脂肪燃焼が促進されます。ただし、筋肉は脂肪より重たいため、筋肉がついたことで体重が増えることがあります。脂肪燃焼を促進して引き締まった体型になるものの、筋肉量が多くなりすぎてしまうと、体重が増えてしまうということになるのです。もしも、体重を増やしたいと思っているなら、脂質、たんぱく質、炭水化物を多めに摂取するといいでしょう。反対に痩せたい時には、たんぱく質を摂って筋肉をつけつつ、糖質や脂質は控え目にします。(ref: 2177560394-21)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です