食事制限によるダイエットでリバウンドしてしまう理由

ダイエットのために食事の量を減らすばあい、後先を考えずに行う食事制限は体にいい影響がありません。ダイエットのために食事制限をするという人は多いですし、減量効果は期待できますが、その方法ではリバウンドしやすいという欠点があります。食事制限ダイエットをして、脂質や、糖質を減らすという方法はよく聞きますが、無計画なダイエットはリバウンドするだけです。食べたいものを食べることができないストレスや摂取カロリーを控えたことによる代謝不足などがリバウンドの理由として考えられます。脂質や、糖質など、高カロリー食材の摂取量を減らすことが、適度な食事制限をしたい時に減らすべき食材です。脂質や糖質を含む食べ物はおいしいものが多く、これらの食べ物を我慢することがストレスとなり、ダイエット後にドカ食いをしてしまうことでリバウンドにつながってしまいます。食事制限をして体重を減らそうとしている時は、身体は栄養不足を補うために、体内に送られてきたエネルギーを貯蔵しようとしています。エネルギー供給が滞り気味になると、人間の体は確実に生き残るために、糖質や脂質は使わずにエネルギーとして貯めようとします。使わずに体内に留まっているカロリーは、体脂肪になって、体内に蓄えられやすい状態につくりかえられます。リバウンドを防ぐためには、ストレスをためずに代謝を低下させずにダイエットをするということが重要なポイントとなります。前進にバランスよく筋肉をつけて基礎代謝の高い体になるには筋トレが有効です。体内に蓄積されている脂肪を燃やすには、有酸素運動がいいでしょう。食事制限でリバウンドしてしまう理由をきちんと理解して上手にダイエットをすれば、必ず成功に導くことができるでしょう。(ref: 2177560394-18)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です