健康診断で肥満だと指摘されたら

定期的な健康診断で太りすぎや肥満と言われる人も少なくありません。肥満体型とは、身長に対して体重が多くなりすぎ、健康を脅かす可能性があることです。もしも、肥満だと言われたら、ただ太っているという話ではありません。健康を保つために痩せる必要があるということです。体重が多くても、肥満とは言い難い体型をしている人もいます。運動を趣味にしているような人で、筋肉がたくさん体についているような人です。逆に、骨がきゃしゃで、筋肉がもともと多くない人は、体重が多い傾向があるというだけで肥満体型と診断されたりします。近年問題になっているお腹の内部に脂肪がたくさんついてしまう内臓脂肪型肥満は、特に健康には良くないとされています。年齢がまだ若くて特に病気をしてない健康な人は、殆どの場合において体重は標準に近いものとなっています。痩せ型だった若い頃は比較して、今は標準体重の範囲に入っているという場合は、脂肪細胞が増えていることがあります。遺伝形質に原因があったり、ホルモン代謝に原因があって肥満な人もいますが、大抵の人は食事の摂りすぎや、体を動かさない生活のせいで太っています。もしも、カロリーの摂りすぎや、運動量の少なさからの単純性肥満なら、生活内容の見直しで体型を変えられますし、健康維持にも努められます。積極的に体を動かすことや、食事の量を少なくすることが肥満対策の鍵を握っています。カロリー制限をする時は、体に必要な栄養は確保するようにします。健康診断で肥満だと指摘された場合には、自覚症状が無くても、病気になるリスクが高いので、早めの対策をすることが大切です。(ref: 2177560394-14)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です