健康のためには標準体重の維持を

健康であることと、標準体重を保つことの間には密接な関わりがありますので、肥満や痩せすぎは改善する必要があります。病気にかかりにくい健康な体をキープするには、標準体重を保てるような生活をすることがとても大事です。死亡率の高さは、標準体重から外れていることと関わりがあるという研究もありますので、標準体重でいられるような取組はとても大事です。ハードなダイエットをしていると、体重を減らす以前に健康状態を損ねることがありますので、ほどほどにする必要があります。標準体重をキープすることは重要ですが、標準体重よりも痩せているから安心かといえば、痩せすぎも体によくないので用心の必要があります。標準体型よりも体重が多くなりすぎている人は、高血圧や高血糖、動脈硬化といった生活習慣病リスクが高いため、ダイエットが推奨されます。標準体重よりも体重が少なすぎる人は、貧血体質になったり、病気への抵抗力が下がることがありますので、改善をする必要があるでしょう。年齢や、性差によっても、身長に対する標準体重は変わることに注意しましょう。標準体型についてはいくつかの計算方法がありますので、定められた一つが決まっておらず、迷ってしまう人もいます。急に太りすぎていたり、痩せすぎていないように、たまには体重計に乗ってみてください。芸能人やモデルのような引き締まったプロポーションになりたくてダイエットをする女性も多いですが、ダイエットのしすぎはよくないこともあります。体重の減らしすぎは身体によくない作用をもたらすことが少なくありませんので、目指すなら標準体重がおすすめです。(ref: 2177560394-5)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です