クレジットカードの審査に通ることができない理由とは

クレジットカードの発行には必ず審査があります。この審査でOKが出ないために、カードがつくれないという人がいます。カード会社ごとに、審査のハードルは違います。審査基準が厳しいところもあれば、緩いところもありますので、事前にクレジットカードの審査について調べてみて、カードをつくりやすいところを探しましょう。クレジットカードの審査に落ちてしまう最大の要因は、申請者の個人信用情報に問題があると考えられます。今まで、電気代や携帯電話料金の支払いを滞らせたことがある人や、他の金融サービスの支払いを遅らせていると、審査での評価が低くなります。返済トラブルは信用情報を傷つけてしまうことになり、いわゆるブラックリストの状態になります。ブラックリスト扱いになってしまうと、なかなかクレジットカード会社も審査を通すことはしなくなってしまいます。しばらくは地道な返済に徹して、低下した信用を回復させることを考えましょう。高収入であることよりも、月々の収入が安定していること、期日が設定されたらきちんと返済をする人物かどうかです。収入額も大切ですが、何よりも気を付けたいのは勤続年数であり、これは安定した収入があるという評価になります。キャッシング枠のついたクレジットカードの申し込みをすると、審査のハードルが上がってしまうという指摘もあるようです。ですからキャッシング枠はゼロにすると、少しでも審査通過の確率が高まるので、もし不安な人はキャッシング枠をゼロにして申し込みをしましょう。審査に通過できないのには理由があるので、まずは返済状況や収入について見直してみることが先決です。(ref: 7905048951-88)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です