妊娠中にサプリメント利用する時に注意すべきこと

サプリメントで葉酸を摂取している妊婦が多いのは、妊娠中の葉酸不足は胎児の発育によくないためです。葉酸は細胞分裂にかかわる栄養素であり、活発に細胞分裂をする胎児は多くの量の葉酸が必要なのです。葉酸を妊娠前から妊娠初期に摂取したところ、胎児の神経管閉鎖障害のリスクが低下したという報告もあります。お腹に赤ちゃんがいる時だからこそ、サプリメントのような加工食品の類いは使いたくないという人もいます。妊娠中に抵抗感なく使うことができるサプリメントとは、一体何でしょう。天然の葉酸が使われているサプリメントと、合成葉酸が使われているサプリメントがあります。葉酸を化学合成によってつくる場合、ベースになる物質は石油です。石油からつくった葉酸は、ぜんそくにかかりやすくなるとも言います。やはり、天然成分のものが配合されているサプリメントの方が、妊娠中でも安心して利用できます。葉酸を過剰に摂取した場合はリスクが高まる可能性があるので、1日の摂取量を守って飲みましょう。モノグルタミン酸と、ポリグルタミン酸の2種類が葉酸にはあります。お勧めなのは、吸収効果が高いというモノグルタミン酸です。妊娠中に使う葉酸サプリメントを選ぶ時は、原材料は合成か天然か、どのタイプかも考えて選択しましょう。妊娠中は、葉酸のように積極的に摂取したほうがいいものと、控えたほうがいいものとがありますので、あらかじめ確認することです。(ref: 7905048951-59)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です