肩こりの悩みにはサプリメントによる体の内側からのケアを

肩こりの症状を緩和するためにサプリメントを使う方法は、たくさんの人から注目されています。長時間、よくない姿勢でいると血液の巡りが悪くなって、老廃物がたまり、肩こりになります。背筋を伸ばし、前屈みになる癖を改めることは肩こりの対策として有効ですが、無意識のうちに元の姿勢に戻ってしまうという人もいます。左右非対称の姿勢をする癖がついている人や、背筋を曲げた姿勢が癖になっている人は、普段から背筋を正したいと思っても、実現は困難です。正しい姿勢でいることも重要ですが、肩こりを緩和するサプリメントも効果を期待できます。サプリメントで肩こりを改善するには、血の巡りが良くなる成分が配合されているものを使うことです。血液の停滞が肩こりの原因となるためです。サプリメントでヘスペリジンを摂取することで、体内の血液が流れやすくなります。ヘスペリジンを多く含んでいる食材としては、柑橘類のスジや皮が挙げられますが、一般的にスジや皮は食べずに取り除いてしまいます。ミカンの筋や皮をあえて食べるより、サプリメントを用いたほうが手軽にヘスペリジンの補給ができます。それ以外の血液の流れを良くする食材としては、ショウガや陳皮などの薬味があります。しかし、どんなにサプリメントを飲んでいても、冷えを助長するような不健康な生活を送っていると、効果が不十分になります。正しい姿勢の維持を心がけたり、肩まわりの筋肉をつけるなどの取り組みも、肩こり対策には必要になるでしょう。(ref: 7905048951-54)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です