しみやしわの原因を知って正しい対策を

なめらかな美しい肌でいたい人は少なくありませんが、しわやしみができる理由は何でしょうか。強い紫外線を浴びると、光によって皮膚の老化が進み、しわやしみが多くなっていきます。肌を傷める活性酸素は、紫外線の働きかけによって増えます。活性酸素が多いと体は老化します。活性酸素から受けるダメージによって、肌の内部でメラニン色素が生成されます。肌でメラニン色素を生成するのは正常な機能であり、一定の量は常に代謝によって体から出ていきます。古い皮膚と新しい皮膚との交替が遅くなったり、メラニン色素がたくさん作られ過ぎると、しみがその場に留まります。肌にしみをつくらないためには、紫外線ケアをきちんと行うことです。顔にできるしわは浅いものと深いものとがありますが、口元や、目尻にできる細かなしわは浅いしわです。若い人の肌はなめらかでざらつきもありませんが、その理由は皮膚の皮紋がきめ細かく揃っているからです。皮紋を乱してしまう原因には加齢や乾燥、そして紫外線があり、ケアせずに放置していると皮膚の溝が深くなり浅いしわができます。つまり、しわやしみができにくい肌になるには、年をとることは仕方ないにしても、紫外線ケアや、保湿ケアをすることが重要と言えるでしょう。肌を乾燥から守るために洗顔後にはしっかり保湿をすねことや、紫外線が皮膚に到達しないようにすることが、しみやしわ対策に有効です。(ref: 7905048951-49)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です