ダイエットをして体重が減ったのにリバウンドをしてしまう理由

      ダイエットをして体重が減ったのにリバウンドをしてしまう理由 はコメントを受け付けていません

リバウンドが起きると、ダイエットで減らすことができていた体重が元通りかそれ以上に増えてしまいます。努力のかいあって体重を落とすことができたのに、リバウンドが起きたら台無しです。ダイエットのために摂取カロリーを減らすことを目的として、多くの方がやることが食事制限です。しかし、体重を少なくするためにと食事を少なくしすぎると、リバウンドしやすい体になります。食べ過ぎた分を節制する程度であれば、身体への負荷が少ないダイエットができるでしょう。ですが、食事の量を少なくしすぎると、健康を保つために必要なビタミンやミネラルか不足して、体調を崩してしまいます。不足分のエネルギーを補うために、体がすることは、筋肉を分解してカロリーにすることです。筋肉が衰えると、見た目は細くなりますのでダイエット効果が現れたと思いがちですが、基礎代謝も下がってしまいます。基礎代謝とは生命維持に最低限必要な何もしていないときでも消費するエネルギーのことをいいます。食事制限や、運動でもなかなか体重が減らない人は、基礎代謝が低いことが関係しているとされています。食事制限などで体重が落ち、ダイエットがうまくいったように見えても、基礎代謝の低い体質になっていれば、ちょっしたきっかけで摂取したエネルギーを余らせてしまい、体重を増やしてしまいます。体重を減らすためのダイエットはそれほど難しいものではありませんが、リバウンドが起きると頑張りが無駄になってしまいます。(ref: 7905048951-3)。