仕事探しでは自分に合った職業を見つけることが大切

仕事を探す時に、まずどんな職業が良いかにこだわりを持つ人は多いようです。なりたい職業になることでモチベーションを高めることができますので、職業選びが仕事探しの基軸になるという考え方は妥当性があります。多くの学生が、就職活動を開始する時には、どんな職業につきたいかを第一に考えて仕事を探しています。けれども、必ずしも望む職業で働けるようになるわけではありません。でも職業にあまりにこだわりすぎてしまうと大切なものを見失ってしまう可能性が高くなる場合もあります。職業選びで妥協せず、結果的に希望を叶えることができればいいですが、一向に就職先を決めることができず、就職浪人という事態も起こりえます。仕事の幅を大幅に狭めてしまうことにもなるので、なかなか仕事を見つけられないことにもなりかねません。始めからこの職業だけという考え方をしないで、時には違う選択肢を摸索してみるのも、自分のためになるものです。続けていて楽しいことと、他人よりも上手にできることが、必ずしも一致しているとは限らない場合もあります。数年単位でその職業についてみて、初めて自分に合っている仕事だと実感できるということもあるようです。ですが、せめて適性を見極めていれば大幅な職業選択のミスは起きないと考えられますなりたいという気持ちだけで突っ走るのではなく、冷静に自分を分析した時に得意分野を見極めて、職業を選ぶことで仕事につきやすくなります。(ref: 7905048951-99)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です