就職面接で想定される質問と回答をするときのポイント

大抵の場合、就職面接は質問に答えることで続きます。就職面接を成功させるためには、質問者の気持ちを測りながら、答えを返す必要があります。就職面接の序盤では自己紹介や経歴についての質問が行われ、その答え方から仕事に適した能力を持っているのかが判断されます。自己紹介では企業が何を求めているのか考えて、簡潔に応募企業で活かせる職務経歴などを語ることがポイントです。自己紹介の次は、さらに一段踏み込んだ質問になります。応募者がどんな人となりかを知るためのものです。応募者の将来的なイメージが会社の描いているものと合致しているかや、会社の人間関係に問題なく溶け込むことができる人物なのかなどを、この質問を通じて確認するという段階です。苦手な事柄や、自分の弱みについて質問されたら、あまり否定的な言い回しにならないように、前向きな対策とつなげて話すことです。企業がどんな働き方を期待しているかや、自分がその会社で何ができるかを考えて、将来的な希望を語りましょう。就職面接の終盤では、最後の質問はありますかと逆に質問されることがありますので、面接中に不明な点があればここで質問をしておきましょう。質問はありませんという回答でも問題はないのですが、業務について質問をすることで積極的な態度をアピールできます。就職面接を受ける時には、よくされそうな質問を想定しておく必要があります。質問された時には、担当者がどういう理由でその質問をしたかを考えることが大事です。(ref: 7905048951-95)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です