大学生が気をつけておきたい就職活動におけるマナー

ある程度のマナーは実践できるようにしておくことが、大学生の就職活動では大切になります。最低限のマナーも守ることができない人であるという印象を持たれてしまうと、就職活動がうまくいかなくなります。肝心の就職活動時に悪影響を及ぼさないようにするためにも、マナーに気を付けて会社訪問することが大切です。就職先を見つける際、アパレル、ホテル、レジャー施設、レストランなどのサービス業であれば、店舗に訪問することができます。その会社に入るとどんな仕事をすることになるか、ある程度知ることができるでしょう。就職活動に取り組む時に、大学生が店舗の見学を希望する場合、どんな手順で実行するといいでしょう。そのお店のサービス受ける客なのか、就職活動をしている大学生なのかで、訪問の形が異なります。服装に関しては、客という立場で行くとは、スーツではなくても、それなりに場に合うものを着る必要があります。接客方法など気付いた点はメモを取りますが、お店の中では不自然なので、お店を出てからメモを取るようにしましょう。正攻法で質問をする場合は、やはりリクルートスーツを着ていた方が、印象も良いでしょう。きちんと自己紹介をして、わからないことは聞くなどした上で、お礼をきちんと言うようにします。就職活動のために会社訪問をしたい時は、相手の余裕のある時間を聞くなどして、負担にならないようにしましょう。(ref: 7905048951-93)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です