土地を購入する時に住宅ローンを使う場合

一国一城の主になることは誰もが憧れるもので、家の購入を目標とする人は多いようです。まずは土地を吟味し、どこに住むかを確定してから、その土地の形や方向に合わせて、じっくりと家の設計に取りかかりたい人もいます。今後何十年も住む家をつくるのですから、妥協しないでとことんまで間取りや内装を検討したい方もいます。ですが、土地を購入して家を新築するにあたっては住宅ローンを最初から利用することはできません。見落とされがちなことですが、建売住宅を買う時よりも、土地と家とで買う時のほうが、ローンなどの手続きの手間が増えるのです。土地だけを買う時はつなぎ融資を利用します。住宅ローンを利用するまでの一時的な融資という位置づけになります。住宅ローンの融資は、新しい家が引き渡された時から始まりますので、土地を先行して購入する場合は資金が足りなくなります。手持ちの資金だけでは土地を購入する予算が不足するという人は、つなぎ融資を利用して資金調達を行うことになります。住宅ローンを借りることができたら、そのお金でまずつなぎ融資を完済してしまいます。これであとは住宅ローンだけを返済すればいいわけです。またつなぎ融資を利用していても、土地購入の支払や住宅建築の着工金などの支払など随所で費用が発生するものです。新築の家を買う時に、土地だけを先に買う形にしたければ、その都度都度での支払いに対応できる資金を貯めておくことが大事です。つなぎ融資が使える期間や条件が決まっている金融機関もありますので、あらかじめ情報を吟味しておきましょう。(ref: 7905048951-85)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です