土地や建物を担保にして借りる不動産担保ローンとは

キャッシングや、カードローンは、現金が必要になった場合に金融会社から借り入れを受けるサービスです。個人で借りる場合では、50万円程度の金額までしか借入できません。人によっては、500万円より大口の融資を希望するということもあります。大口の融資をうけるためには、保証人を立てるというやり方があります。借りたお金を返しきれなくなった時に、保証人が返済を代行するという契約をすれば、融資の枠は増やせます。保証人のなり手がいないけれど、大口の融資をうけたいという時には、不動産を担保として契約をします。土地や建物などの不動産を担保にすることで、貸付条件を緩和してもらうというものです。このように土地や建物などの不動産を担保に入れてお金を借りることを、不動産担保ローンといいます。借りたお金を期日どおりに返済することができなければ、担保の所有権は金融会社に移り、売り払われます。不動産担保ローンでは、申し込みをして人の信用のほかに、担保になった不動産の評価額をチェックして、売却時の価格なども踏まえて融資額を決定します。不動産担保ローンでは、担保にする不動産の価値次第で、融資金額が高額なったり、わずかしか借りられなかったりします。担保にする不動産はあくまで保険です。低金利で借りることができますので、しっかり返済できている限りは所有権は移りません。(ref: 7905048951-83)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です