ローンは保証人が必要な場合と必要ではない場合がある

ローンの貸付条件はケースバイケースであり、保証人がいる時もあればいらない時もあります。車のローン、住宅ローン、教育ローン、キャッシングローンなどが主なローンの種類になっています。保証人を立てなければならないかも、ローンの貸付条件次第です。新しく自動車を購入するための資金として自動車ローンを利用する場合、大抵のケースでは保証人はいりません。自動車ローンは、200万~300万くらいの貸し付けになることがほとんどですから、保証人を必要とするほどてはありません。キャッシングローンを頻繁に利用する人もいますが、保証人はなくてもいいのでしょうか。キャッシングローンでは、保証人がいなくても金融会社から融資がうけられますので心配はありません。仕事をしていて安定した収入があれば、キャッシングローンで保証人が必要になるケースは確実に無いでしょう。正社員で働いてはおらず、毎月の収入が不安定だったとしても、アルバイト歴が長い人にはローンを行う会社もあります。保証人になってくれる人がいなくても、少額であれば個人の信用を担保として、キャッシングローンを使うことができます。金融会社や銀行など、キャッシングローンを利用可能な金融機関はいくつかありますが、いずれも保証人は必要ありません。キャッシングローンなら、保証人になってくれるよう頼める人がいない場合でも、自分の信用だけでお金の借り入れができます。(ref: 7905048951-75)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です