ローンでお金を借りる時に必要となる保証人について

一般的には、ローンといえば保証人になってくれる人がいるものですが、保証人はいらないローンもあります。金融会社からローンの借り入れをしたいけれど、保証人になるよう頼める人がいないからと、困っている人もいます。自動車ローンや、住宅ローンなど、ローンには色々なものがあり、それぞれによって貸付条件が違います。金融会社からお金を借りる時には必ず保証人を立てなければならないと思い込んでいる人もいますが、正しくはありません。自動車を買う時には一般的にカーローンを組みますが、保証人がいなくてもカーローンを組むことは可能です。住宅ローンを組む場合でも、単独の名義で新しく家を購入するなら、保証人がいなくてもローン融資OKという金融会社もあります。金融会社が保証人を要求するのは、返済の可能性がそれほど高くない場合です。保証会社が、ローンを組む際の保証人になってくれることもあります。手数料が必要ですが、身近な人に保証人を頼まずに済みます。消費者金融会社の扱っているキャッシングローンは、借入上限金額が高くない代わりに、保証人なしの融資が可能です。毎月、必ず一定の収入があるという見込みが立って、貸し倒れリスクが少ない人なら、貸付条件は緩和されます。一定の返済能力があると判断された人なら、キャッシングローンを利用する時に保証人を求められることはありません。返済能力に不安があるような人に対しては、金融会社も融資を断ったり、保証人がいないと貸さなくなることもあります。(ref: 7905048951-74)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です