血圧のサプリメントに含まれる成分について

健康維持に力を入れている人の中には、血圧の高さが気がかりという人も多いことから、血圧を下げるサプリメントが人気です。重度になると投薬治療や食事療法が必要になりますが、軽度の高血圧の場合はサプリメントでの改善が期待できます。血圧を低く保つ効果があると言われる栄養素には、どういったものがあるでしょう。高血圧を改善するために摂取するといいと言われている成分に、オメガ3脂肪酸のEPAやDHAがあります。血圧が高くなる理由の一つが血液のドロドロなので、納豆に含まれるナットウキナーゼで血液をサラサラにするといいでしょう。血中の糖を調整し、血液が流れやすいサラサラの状態にする効果がある成分に、大豆などに含まれるサポニンがあります。ただし、サポニンをまとめて摂ると嘔吐感が高まるので、ほどほどにしましょう。ポリフェノールには血小板が固まるのを防ぐ働きがあり、血液をサラサラにして血圧を下げる効果があります。コレステロールを分解する胆汁酸を多く分泌するには、タウリンが必要になります。高血圧を抑制したり、血流を良くする作用がある反面、胃酸が分泌されすぎるなどのリスクがあります。高血圧の症状緩和に役立つ成分を配合したサプリメントは様々なものがありますので、自分に合うものを探しましょう。高血圧の対策として、毎日の食事を見直したり、運動量を増やすと共に、サプリメントを使うといいでしょう。(ref: 7905048951-70)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です