しみ取りなら化粧品や医療レーザーがおすすめ

皮膚のしみをなくしたい時は、美白化粧品を使うか、医療レーザーを使うかという選択肢があります。普段からしっかりと紫外線ケアをして、しみができないように注意していたのに、しみができてしまったという人もいるでしょう。メラニン色素という皮膚を黒くする物質がたくさん生成されているために皮膚にしみができることもあるので、一概に紫外線が問題だとは言い切れません。一旦できてしまったしみを取り除くことは大変なので、まだ薄いうちにケアをしたいものです。お肌にしみがあるとそれだけで年をとったように見えます。薄いしみのうちはコンシーラーでカムフラージュもできますが、どんどん濃くなってきて、隠せなくなります。しみができた肌を白くしたい場合、初期のしみくらいなら、ハイドロキノンのクリームなどを使うといいでしょう。皮膚科で診察を受け、しみ取りのためのハイドロキノンやトレチノインを使いたいと、医者に相談しましょう。化粧品には美白成分が使われているものが多くありますので、肌を白くしたいという人は使ってみるといいでしょう。皮膚科などで処方される美白クリーム程度では消せないしみがある人は、医療レーザーでのしみ取り施術を受けるという方法があります。肌のしみが気になる場所に、黒い色に反応するレーザーを当てて、メラニン色素のある部分に熱をかけます。レーザーを照射した場所にはかさぶたができますが、1週間くらいで剥がれ落ち、皮膚が新しくなりす。お肌にできたしみが、家庭でのケアでは対応しきれないほど濃かったり、範囲が広い時には、医療レーザーの出番になります。(ref: 7905048951-50)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です