しみやしわを防ぐには紫外線対策が重要

しみやしわの原因の一つが紫外線なのはよく知られていることです。肌に紫外線が当たらないようにすることは、やっておくべきことです。紫外線の肌への影響が、加齢による影響以上に肌を老化させるともいい、しわやたるみが増える要因となります。しみやしわができてしまってから慌てて対処をしても、セルフケアで改善をするには根気が必要です。家庭でできるスキンケアには限界がありますので、症状が深刻化しないようなこまめなケアが大切になります。しみやしわができるのは紫外線が原因なので、紫外線対策をしっかりと行いましょう。紫外線が強くなるのは5月くらいからで9月ころまでは紫外線が強い状態が続きます。日焼け止めクリームをこまめにつけ直したり、日傘やサングラスを活用することで、紫外線の強い季節を乗り切りましょう。一見、日差しがそれほど強くない冬のさなかでも、地表からの紫外線の照り返しがかなり多いことがあります。多少の強弱はあったとしても紫外線は降り注いでいるので、年間を通して常に対策は必要になります。短時間の外出でも、日焼けどめクリームをつけてお肌を守るようにしましょう。窓ガラスを通しても紫外線は届くので、日差しが当たるような室内で過ごすなら、外に出ないときでも日焼け止めを塗っておきましょう。(ref: 7905048951-48)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です