減量時に注意すべきことは体重はカロリーの収支で決まるということ

体重を減らす唯一の方法は、カロリーの収支をマイナスにすることです。近年は、飲むだけ、着るだけ、使うだけなど、お手軽な方法で体重が減少できるという商品が高値で販売されており、人気もあります。ダイエットについてよく知らない人ほど、大げさな広告宣伝を真に受けて購入する傾向にあるようです。しかし、それだけで減量できて、誰でも簡単に痩せるということはありえません。体重を減少させる原理はとてもシンプルです。摂取するカロリーよりも、消費するカロリーが多くなるような状態をつくることです。これでどんな人も確実に体重を減らすことができますが、消費カロリーを算出するには、まず自身の基礎代謝を知る必要があります。一般的に筋肉量が多くなると基礎代謝も増えて、カロリーを消費しやすい体になるので、運動を欠かさないようにしましょう。理論で考えれば、使うカロリーが多くて、入るカロリーが少なければ、体重は減少します。これがうまくいかないのは、どんな要因があるでしょう。人によって体重が増える理由は異なりますが、大抵の人は、自分の摂取カロリーや、消費カロリーがどのくらいかわかっていないようです。消費カロリーについては、確かに正確に算出するのは困難で、経験が必要になってきます。ですが、食事などで摂取するカロリーに関しては、食べたものの重さを測ることで正確な数字を算出することができます。1日に自分が摂取するカロリーを認識するところから始めましょう。体重管理の基礎であるカロリー収支を理解できたら、あとは減量のために実践あるのみです。(ref: 7905048951-24)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です