ダイエットで体重を落とす時に注意すべき点とは

短期間で体重を減らすようなダイエットは、リバウンドの引き金になりがちです。使うカロリーと、食事などで取り入れるカロリーが釣り合っていれば、体重はそのままキープされます。しばらく食べずにいると体重がガクッと落ちますが、意識的に食事を少なくすることでダイエットをするという人は少なくありません。しかし、この食べずに痩せるというダイエット方法はとても危険なのです。人間の脳は、カロリー供給が急激に滞ると命の危機が訪れたと解釈して、生命維持に必要な反応をするよう全身に命令します。そうすると、人間の体に備わっている防衛本能によって、少量の食事でも余さず栄養分を吸収しようとするのです。食事制限を続けても、体はエネルギー消費を節約して、余りを脂肪にしたがるので体重が減りにくくなります。リバウンドは、身体がエネルギーを節約している時などに食事をしすぎて、体重が急激に増える現象のことをいいます。短期間で体重を減らそうとするとリバウンドのリスクが高くなるので、時間をかけて緩やかに減量をしましょう。リバウンドしないためには、短期間に痩せるのではなく、長い時間に渡ってゆっくりと痩せるのがポイントです。運動不足を解消する程度の運動を続けることや、食べ過ぎや飲み過ぎはほどほどにして、栄養バランスのいい食事を摂ります。極端な食事制限ではなく、健康的なダイエットによって体重を少しづつ落としていくようにしましょう。(ref: 7905048951-1)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です