為替相場の基本的概念と相場変動によるメリットについて

為替相場とは、外国の為替市場において違うお金を交換行為を行うにあたり発生する交換比率のことを指しています。テレビや銀行などでも良く目にする機会が多いと思いますが、為替相場は円・ドル相場ですが、その他ユーロなどの別のお金にも当てはまります。今は、変動相場制によって外国為替市場の取引が成り立っていますので、自国通貨の事情だけでなく、相手国の事情も関わってきます。貨幣の価値は、買い手と売り手の多さによって決まります。欲しがる人が多い貨幣ほど、価値が上がっていくわけです。為替相場が、円安か円高のどちらか一方に偏ると景気の動向に関わりますので、東京外国為替市場の相場は世間でも関心の的です。金融機関同士が外貨の売買を成立させることで、為替相場の現在の値動きが変わります。これにとは別の切り口として個人的に銀行で少ない金額を両替したり、外貨預金をするといった個人客を相手とした取引もあります。個人での取引がメインとなる為替相場は、ニュースなどで耳にする為替相場とは違う値動きをしています。物を売買する時に外貨を用いるのではなく、為替相場の変動を利用して、資産をふやしたいという投資家も少なくありません。円高になったら日本円を手放してドルを買い、円安になったらドルを売って円を得ると、差益を手にすることができます。国外に出かけた時にも、日本円と相手国の為替相場がどのように変わっているかによって、買い物のお得度合いが異なってきます。通貨の売買取引を行う必要がある時には、外国為替市場や為替相場について理解を深めておくといいでしょう。(ref: 53358327-89)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です