学生がキャッシング審査をするときの注意点

クレジットカードにキャッシング機能をつけて持ちたいという学生は、理解しておきたいことがあります。学生でも、キャッシング自体はできますので、キャッシング枠のあるクレジットカードは作れますが、総量規制の対象にはなります。年収の三分の一を超えた借り入れをすると、総量規制に抵触してしまいます。クレジットカードにキャッシング枠をつけるには、学生でも、アルバイトやパートで稼ぐ必要があります。クレジットカードだけなら、自分自身の収入がなくても発行は可能ですが、キャッシングを利用する場合は収入が必要になります。そのため、希望のキャッシング額によっては、自分の収入を示すための書類が求められます。同時並行でキャッシング融資を受けている時は、各キャッシングの利用限度額の合計が、年収の3分の1を超えると総量規制の制限に引っかかりますので、注意しましょう。保護者の同意がなければ、成人前の人は新たにクレジットカードをつくることができません。その場合、キャッシング機能のついたクレジットカードをつくりたくても、保護者が同意しない可能性もあるでしょう。クレジットカード単独より、キャッシングにも使えるクレジットカードのほうが審査の基準が厳しくなるため、始めにクレジットカードを作って、後でキャッシング機能を足してもいいでしょう。クレジットカードをしっかり使いつつも、月々の支払いを滞りなくできていればそれが信用になりますので、キャッシング枠が借りやすくなります。学生のうちはキャッシング枠を大きくなりすぎないようにしておいて、後々キャッシング枠を大きくするというのもいい方法です。(ref: 53358327-80)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です