住宅ローンは低金利だからと安易に考えるのは注意

低い金利で住宅ローンを借りることにこだわる人は少なくありませんが、金利は低ければOKというものではありません。金融会社のローンを利用するなら、低金利で借りられたほうが返済負担を軽くすることはできるでしょう。ただし、金利の低さに執着しすぎて、他の問題がおろそかになる可能性があります。ひと月の返済額が軽いということで借入額を増やす方もいますが、それが実は将来的に大きな負担になる可能性もあるのです。住宅ローンを借入する前に、返済負担が増えるというリスクを知っておくことは重要です。返済額が少ないということで借入を増やしてしまうケース、低金利のうちに借入を急ぐことで頭金も借入額に加えてしまうケースもあります。金利を低く抑えることを優先しすぎて、見切り発車の返済計画で融資を受けてしまうと、後々になってのトラブルになりかねません。住宅ローンを利用する時は、金利のことばかり目を向けていて、どう返済するかをしっかり検討できていないことがあります。変動金利での住宅ローンを借りていても、返済途中で金利が変わったことにあまり関心を持たなくなる人もいます。変動金利の場合は基本的に固定のものよりも金利は低く設定されていますが、当然変動するものであり、上昇リスクが常に付きまといます。金利の上昇は返済額に直に影響し、しだいに住宅ローン残高減少のペースも鈍ることになり、返済負担が増加することになってしまいます。住宅ローンは返済期間が長くなるので、申し込み時の金利だけでなく、金利変動のことも考慮した上で選択するようにしましょう。(ref: 53358327-78)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です